第7回オンライン講演会終了のお知らせ

 今回の第7回オンライン講演会も無事終了しました。ご参加いただきありがとうございました。今日のゲストはながさき自立生活センターこころの山口代表でした。
 講話中話された、「親は親の人生がある。自分が縛ってるのが嫌だった。」この気持ち分かります。私も高校生くらいからそう感じていました。一生このまま、介護してもらうのか。私も親を縛っている感覚だった。「親は親の人生がある」「私も私の人生がある」この二つに共通目的がある交差点があるのならば、無理に自立をとは言わないが、共通目的がない。そもそも違う生き方をしたい。のであれば自立をお勧めする。要は両者にとってメリットであればそのままで良いと思う。しかしデメリット要素が強い場合は自立した方が良いと思っている。デメリットは悪いこと。ここはよく家族で話し合ったほうが良い気もする。私は介護負担ということがデメリットとして挙げられた。20歳で60kgくらいあったので、外出時やトイレ時はその巨体を抱き抱え、目的地まで移動してもらわないといけなかった。トイレ時は妹まで協力してもらい、抱えてもらっていた。母が腰を悪くするのは時間の問題だし、妹もいつかは嫁いで行くだろうし、介助者は家に上げたくないという母の拒否反応があった。←ここが大きいかもしれない。
 両者のメリットはお互いの状態を知ることができること。仕事をしていることで経済的に楽になるだろう。

 先ほど他のメリットを介助者に聞いてみた。同じことを言われる中で、一つ大きな確信に辿り着いた。それは、「実家を窮屈に感じているかどうか」だった。上記で私が話していた家族の誰かに頼んで介助してもらうこと。これが実家にいたことで、介助者を家に上げられない縛りがあり、それによって自分は窮屈に感じてしまっていた。より良い方法を知りながらもこれで現状維持というのに納得できなかったのだ。

 いろいろ書いたが、今回の講演会は改めて考えさせられる会となりました。この辿り着いた確信を持ってターゲットを絞っていきたいと思います。山口さん、ありがとうございました。

会の様子

投稿者: 北古賀 雄三

佐賀に住んでいる脳性麻痺の障がい者です。 愛車は電動車椅子サッカー用の赤い彗星〇〇〇です!w 32歳で結婚し、妻と令和3年に娘が誕生し、現在3人で生活中です。 重度訪問介護という制度を使いヘルパーさんに来てもらい自分らしい生活を送っています。 36歳から自立生活センターを立ち上げようとして 37歳でやっと市民活動団体として登録させていただきました。 210826からやっとBlogを開設することとなりました。 不束者ですが、どうぞよろしくお願い致します。 夢は、障がい当事者が自由に生活できる場所を作ること。 応援よろしくお願い致します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。