こんなの初めて!

 昨日、花粉症というものを発症した模様! 朝から目が痒い! 鼻水もつっから次に出て、も〜止まらんとです! 友人と遊ぶ約束だったので、取り敢えずマスクだけで、外に出たのだが。。。右目だけが痒くて痒くて、目を擦って目は痛くなるし。。。も〜 玉ねぎ切ってる時みたいに目を開けれません!w なんか飛んでるんだろうな〜は確かにあったけど、こんなの初めて!w

 車移動時は、少し落ち着く。ドアを開けられた数秒後からまた痛み出す。目的地に到着し、中に入ると落ち着く。また出ると痛み出す。もうこれはエンドレスだ!w 目をなんとかして守らないと!と思い、自宅到着するや否や、マスクをアイマスク代わりにやってみた。するとさっきまでの痒みや痛みが嘘のよう。これだ!と思い、その場はアイマスクに進化したマスクで、外からの生還。
 母が花粉症持ちで、実家で過ごしていた時期は、なんでこんなに苦しそうなんだろうと思っていたが、まさか! 自分の番が来るとは!w こんなに苦しかったんだと今になって反省。
 それから、🥽を付けたのは言うまでもない。これからは🥽とお友達だな!

新しい相棒!

 動画編集をもっと簡単に行いたい! パソコンがフリーズしてしまうのでどうにかしたい! これからネット配信や動画編集をして就労などに繋げていくんだ。そして、娘の成長記録とかも作ってあげたい。そういう思いから、妻に去年のクリスマスの頃から、言って言って言って言いまくって、妻に許可もらってやっとお許が出たので、年始にポチったのです!
 そして届いたのが先日の日曜日! カメラもだったけど、こっちもすごく嬉しくて!

 MacBook Pro! 高かった〜 まぁ、5〜7年分のいい買い物をしたと思えば良いでしょう! 早速試し運転。怖い。。。いきなり画面に拳を上げないかとか、バンってキーボードを叩かないだろうかと。恐る恐る操作。画面を起こすのにも傷つけないだろうかとヒヤヒヤ。(介助者に頼んだけど)
 初期設定はiCloudより同期すれば簡単簡単。。。あとはアプリを入れていく作業。これも、最初だけのことなので、特に問題もなく終了!(アプリの設定などはあるけど)
 しかし! Windowsに切り替えるという作業が残っている! これは数時間かかるので諦めた。土日の時間が空いた時にしようと思う。そうなんです! MacはWindows OSをネットからダウンロードしたら切り替えれるのです! だからMacを買うとWindows PCも買っちゃってることになるんです! お得感2倍です!

 今回の買い物は本当に大満足で、これから、ドンドン動画撮影など、障がい当事者あるあるを伝えていこうかなと思います。この間の中野まこさんの動画もこっちで編集中です。近日公開します! それではお楽しみに!

とあるソーシャルワーカーさん

 私の友達の中に数人いらっしゃるのだが、数年連絡してなかった方に連絡をした。というのも新しく訪問介護の事業をしようとしている別の方から、サー責を探していると連絡があったから応援したいと思ったからだ。

 そのワーカーさんは東佐賀病院に勤務されている。私が出会ったのはちょうどサークルPoohのイベントボランティアで、一緒の保育の班になったこともあった。そっからプライベートでも何度か遊んだこともあった。非常に明るい性格の持ち主で、好き嫌いがはっきりしている。一度実家近くのジョイフルまで来てもらったこともあったなぁ〜(理由は覚えてないけど)

 そんなワーカーさんに久しぶりに連絡したら、もうご結婚され、去年に赤ちゃんを出産されていた。ということは、うちのゆいちゃんと同い年なのかな? 職場は以前と変わらずの様で、ただいま産休・育休中とのこと。

 話を進めていくと、上記の件もだが、重度で自立したい障がい者の方を紹介してくれる(本人さん確認後)とのことだった。あと、他の施設の連絡もして下さるということだった。も〜 連絡して本当に良かったと思いましたよ。感謝です!
 コロナ禍で、面会もガラス越しだったり、ろくに外出もできない環境だからということで、本人さんの意見を聞いて、病院から一旦家に帰ってもらったそうだ。やっぱり当事者の気持ちを一番に持ってきてくれているワーカーさんって素晴らしいと思ったし、友人に感動した!

 そんなワーカーさんのパートナーさんが水回りの修理をされているらしい。
 https://egashirasuido.com
 コロナ禍でも個人経営で頑張ってあるので、みなさんも家の水回りで困ったら是非ご相談して見てください。北古賀の紹介で。。。と言うと割引してやらすかもしれません。とか勝手に言ってみるw

 友人の言葉に救われた1日でした。

Insta360を共同で購入してみた件

一昨日から昨日にかけて、新しい動画撮影機器が届いたのだった。これは、いずれ重度な障がい者でも就労可能にするための必要な投資である。佐賀大学の先生とこれを共同出資をして購入しました。

 今まではGoProを頭に付けるゴムバンドのようなものに取り付けて撮影してたのですが、私の付随運動の前では、すごく揺れてしまうので三半規管の弱い人は、「酔う」と先生の知り合いの動画編集のプロの方にアドバイスをいただく。そりゃそうだ!wと私も納得。でもどうしたら良いか、3人で話し合った結果、上記のInsta360 One X2というカメラが良いということだった。どういうものか調べて、電気屋さんにも取り扱ってるか電話して、結局取扱なかったから、ネット注文して、届いたのが一昨日から昨日にかけて。

 レンズカバーが届いた昨日から早速使ってみている。これは素晴らしいの一言だ! GoProに使っていたアクセサリーにも代用が効いたので短い方の三脚を装着! 早速、カレー作りを撮影しようとしたが、スマホのアプリ接続と本体の接続に苦戦。(私は基本的に説明書を読まないのだ)料理片手間にするのは危ないので断念。作り終えた頃(正味1時間)にはアプリ操作も分かってきたので、代わりに食事シーンを撮ってみた。友達も映っているので、ここには出せない。

 カメラの基本操作は本体で画質の設定をしたら、電源ボタンを押して録画ボタンを押すだけ。音が鳴り、赤い点灯が付けば録画されている。録画を終了するには録画ボタンをもう一度押すだけだ。操作がシンプルだということにも驚いたが、録画された映像を見てさらに驚いた。360度の方向を動画で撮れているのだ。無論、設置した場所から全方向撮れているので、置き直す必要も無い。同時に前と後ろが撮れるという新しい感覚。素晴らしい。

 その360度の状態では、パソコンにそのまま取り込むことはできない。先ほど苦戦したと言ったアプリで加工しないと、ムービーファイルに変換できないのだった。(しかも一度アプリが入っている端末への保存となる)端末とPCが繋がれてようやっと転送できるようになる。私の場合は、iPhoneとMacなので、しばらくすると共有動画として、写真のアプリ上に動画ファイルも転送となるので、線で繋ぐ必要もないので介助者に頼まなくていい。
 操作に戻るが、勘頼りでここかなというところをタップしていく。タップしていく順番はまだ覚えれていないw しかし、あやふやだが、縦か横か選択し、撮りたい範囲を選択し、エクスポートするだけのような感じだ。パソコンなどに強いと割と簡単そうな感じ。
 動画が端末へ入るといろんな加工もできるようになるが、まずは撮ったものをスマホやタブレット端末に入れることから。早速端末からPCへ保存した動画がこちらだ。

テレビの紹介をしました。

 ご覧の通り。これが360度カメラの性能だ!

 ここで、少し残念な点。
  バッテリーがすぐなくなる。正味1時間くらいしか撮れない。シーンをある程度決めておく必要がある。
  変換に多少時間がかかる。(カメラも端末も充電しながらがおすすめです)

第9回オンライン講演会+交流会無事終了!

 第9回オンライン講演会+交流会に来ていただいた皆さん、ありがとうございました。お陰様で多くの方に来ていただけました。

 ゲストの自立生活センター十彩の中野まこ氏は、つい先日、コロナ陽性になられ大変だったという話や自立生活をするまでの経緯など、気になる点をたくさんお話ししてくださいました。

 やはりタイムリーな話題はコロナ感染ですよね。どこよりも早く講演会で話してくださいました。貴重な情報をありがとうございました。これをより多くの人に届ける使命が私にはあると思うので、早めに動画をアップしたいと思います。
 誰か〜 編集手伝って〜〜〜

 あとは3月5日のシンポジウムです! 頑張っていきましょ〜 出演していただいた中野まこ様、本当にありがとうございました。

妻と一緒に出演!

 初の試みでしたが、キンジスーパーサイヤ人プロジェクトというFacebookグループがありまして、そこで妻と一緒に講話をさせていただきました。
 講話の話を1月末に、自立生活センターおおいたのオッシーからいただきました。そこから、今週月曜までは何も考えきれない状況が続き、やっと月曜くらいから、内容について本腰を入れて、妻と何度も打ち合わせを行い、叩き台をつくり、妻の意見も取り入れ、前日まで調整していました。お話だけでは飽きられるかなと思ったので、今朝から写真をスライドショーでお見せしようと思い、作り上げました。(といってもすごい簡単な方法で投影しただけど)

公開用動画です。ご覧ください。

 いつも1人で喋って、テンパってますが、今日は話を妻に振ったりして出来たし、信頼できる相手とのラリーだったので、心持ち落ち着いて進行できました。良かった良かった。これからも妻が良ければ、参加してもらいたいなと思いました。

 今回もこのような話す機会をいただきまして、オッシーさん! 誠にありがとうございます。今更だけど、夜の営みとか聞いて下さるのかなと思ってツッコミもちゃんと用意してたんですよ!w

明後日になりました。

 第9回かな? オンライン講演会と交流会!

 前の記事をご覧ください。

 https://cilhopesaga.jp/2022/01/19/オンライン講演会+交流会のお知らせ/

 当日参加も承っております。是非ともご参加よろしくお願い致します。

コロナ感染してないことを願いたい。

 隔離部屋が出来て3日目、今朝起きたら熱っぽい。咳も出ている。今も身体はだるい。感染しているのか否か。検査結果を待つしかない。しっかし、ふと考えると、当日に接触して、検査行って果たして反応するのかなと。PCRで陰性になったとしても、一抹の不安はあるよね。

 昨夜から少し咳が出てきた。そして起きた時に怠く熱っぽいと思ったが、熱は36.7°C。排便をしたら、スッキリしたのか調子が戻ったような気がしたが、やっぱり怠い。今日も隔離部屋とトイレだけで過ごしています。
 娘に触れない・遊べないのが苦痛。あと介助者がいないから、妻に負担大(授乳やらお世話やら家事やら)。※妻は完全防護服に、マスク、フェイスシールドまでして出入りしています。
 なるべく手がかからないようにと考えて動いているつもりだが。。。昨晩妻から本音がポロリ。あ〜 やっぱ介助者いない生活は考えられないな。と思いましたね〜

 検査結果が出るまでは、北古賀家は外に出れません。なので買い物などは兄弟にしてもらっています。なるべく会わない形で。こういう時は宅配ボックスが便利です。一昨日から食料を買ってきてもらっています。基本1週間分を買い溜めしておりますが、やっぱりその都度買うものもあるし、なんせ上記理由から、妻に何度も部屋を行き来させるわけにもいかないので、自分で手軽に食べられるものを中心に買ってきてもらったわけです。なぜか横にはお菓子の入った袋が置いてあるけどw その他にも妻が楽できるようにお惣菜なども持ってきてもらったりして。。。本当、兄弟に感謝です! ありがとうございました。

 幸い、今夜は来てくれる事業者があるので、少しは妻にゆっくりさせられるかなと思います。それにも感謝です! 早く検査結果が出て欲しいと願うばかりです。

PCR検査方法

 前説は前記事を読んでいただいて。

 昨日、PCR検査を受けるため、自宅から1人で好生館にある薬局まで行ってきました。その前に会議とかがあり、15:15ギリギリになったが、目的地まで到着した。

 明らかに隔離部屋みたいなところが出来ていて、検査をされている。受付とかもしないでもうそっちなのかなと思ったら、ちゃんと受付ありました。中の方で受付してから来てくださいと言われちゃいました。

 入り口の自動ドアが開いた先に待機椅子が置いてあり、そこに腰掛けている人が1人。同じように疑いがある方だろうか。とか思いつつ、受付をするためにカウンターへ向かいました。待っててくださいとのことだったので、なるべく人通りを避け待機。受付(問診)を済ませると、しばらくまた待機。さっきの腰掛けていた人のところが空いていたので、中だと人が数人いる状態だし、入り口付近は換気がよくされているだろうから、そこで待機。
 数分後、対応してくれた方が、通常中から行くであろうところを外側から入れるようにしてくれるという有難い配慮をしてくださった。確かに中から入るとジグザグしていて、入りにくそうではあった。その前もPCR検査方法の種類などを教えてくださるときも目の前まで試験官を持ってきてくださったり、とても良い対応をしてくださった。

 無知に近い状態で初PCR検査だったので、知らない方のために説明しておこうと思います。
 まずPCR検査と抗原検査との違い。PCR検査は主に調べるのは唾液。抗原検査は鼻粘膜を調べる。検査結果がすぐ出るのが抗原検査だった。しかし、感染しているのに結果は出なかったということもあるらしい。なので、高い確率を望むのであれば私はPCR検査かなと思っている。検査結果は3〜4日、混んでいると1週間かかることもあるとのことだ。
 あと、PCRにも2種類の採取方法がある。これは初めて知ったことだった。検査キッドにそのまま唾液を出すタイプと、脱脂綿を口の中に入れ2分間待ち、それを検査キッドに入れる方法の2種類だった。

 私は思いに反して体が動いてしまうので、唾液を目的のものへ出すときに要らぬ力が入ってしまいそうだったので、脱脂綿タイプにしてみた。当たり前だが、味も何もしない脱脂綿、噛んでもいけないと言われるが、噛んだら味が出てくるのでは。。。という我慢の時間が続く。タイマーで2分。終わったとき、真っ直ぐだった円柱の脱脂綿が少しUの字になってしまっていた。口を開けるとピンセットで取り出してくださって、キッドに入れるが、入りにくそうだった。そうして、ようやっと検査終了。お代は掛からなくて、そのまま帰宅することになったのだった。
 帰宅中、お菓子の誘惑に負けそうになる。もし感染していた時の二次被害も考えて諦めた。(当たり前だろ!)ということで、今回も貴重な経験でした。