映画の宣伝と広報

 Facebookでも紹介した通り、10月2日(日)にサンメッセ鳥栖で、私が選手として活動している電動車椅子サッカーのドキュメンタリー映画「蹴る」の上映会があります。(私は出演していませんがw)
 この映画「蹴る」には鹿児島の日本代表の選手などが出演され、練習はもちろん、日常生活にも触れられています。
 私は「蹴る」が上映された後、監督さんと進行役の方とトークショーで出演します!是非とも皆様の来場をお待ちしております。※詳細は下記に記載しております。

 そして、昨日は宣伝と広報のため、4ヶ所くらい福祉施設や相談支援事業所など回ってきました。どこも快く引き受けてくださって、相談支援事業所なんて、メールで各相談支援事業所の回覧まで回していただきまして、感謝感謝でした。本当にありがとうございました。

 これを見てくださっている方でその日は空いているという方は是非ともお問い合わせの上、お越しください! 私を知っている方に関しては、20年くらい前の旧友とも会えるかもしれないよ!w

障がいを持つ当事者の進学の悩み

 下記の記事をまず読んでいただきたい。

電動車椅子サッカーチームメイトの親のFacebook記事

 私は普通校に通ったことがない。交流会はあったが、その時だけでしかなかったから、普通校の大変さや苦労話などは想像でしかない。だが、設備が整ってないとか、人員配置が難しいとか、その理由は仕方ない話なのか。十分に検討されているのか。

 大きくデメリットとして考えられること
 ・市や県学校に対するバリアフリー改修費の予算(昇降機やトイレ等)
 ・先生等・保護者・生徒への理解と協力要請(意識的な偏見)
 ・もしもの時の対応の仕方が専門家ではないので分からない(責任の所在)

 大きくメリットとして考えられること
 ・インクルーシブな社会を意識することができる。
 ・生徒同士の仲間意識など結束ができ、共に歩むことで喜びや感動を感じることができる。
 ・社会人になっても、何の偏見を持たず、誰に対してもスッと対応できる心ができる。
 ・学校側も障がいを知ることによって、新たな発見が増え、障がい者に対する先入観を打ち消すことができる。

 どうしたら問題解決するのか。。。いろんな方に聞いてみているところ。あとは本人さんとも話してみて、探してみようかなと思っている。

深夜の格闘

 昨夜は蒸し暑かった。エアコンをつけては寒くなって消しての繰り返し。先日から私は寝床を和室へと変えて過ごしている。今まではリビングを寝床にしていたが、娘が5時半〜6時くらいに起きるため、リビングにそのまま寝ていたら、遊ぶものも遊べないのだ。だから和室へと移動したのだった。

 和室には、私の衣類や床に降りた時用のテーブルと古〜いiMacが置いてある。それに寝床用にと以前から準備してきた。例えば、リビングのテレビを買う前に置いていたプロジェクターや AppleTV。これを和室に設置した。ピントや角度調整などを行い、夜は映画館並みの画面で、いろんなものが視聴できるようになった。贅沢を言うと、音声があまりクリアではない。プロジェクター側にBluetooth機能が備わってないため、有線での接続になる。映画館にいるような雰囲気で楽しみたいのだが、シアターシステムはちょっと手が出ない。3.5mmのジャックを挿せばいけるかもしれない。今度試してみよう。

 それで本題なのだが、昨夜はそうやってプロジェクターを使ったり、iPadを使ったりして、邦画や洋画などを観ておりました。音は隣の部屋に漏れるか漏れないかくらいで続けていたけど、やっぱり聴き逃したりして巻き戻しを繰り返すこと数回。面倒臭くなり、もうイヤホンで聴くか!っと切り替えてイヤホンで聴いてたわけですよ。
 そこに得体の知れない物体がピョンって。思い出しただけでも鳥肌ものです。なんだ!?と思った次の瞬間、そいつが口目掛けて飛んできたわけですよ! 口が開いてたら見事なホールインワンです!w そして私は硬直状態から猫が驚いたみたいに起き上がり、確認するわけです。部屋はiPadの光だけ。布団の上には何もいない! 目視できないし電気をつけたら確実に目の当たりにしてしまう。これも対応しようがなくなるので、一回忘れるために寝転んだ。そしたら今度は全身が敏感になっているのか、細い糸が付き纏うような感覚があちこちから出だし、蜘蛛だと悟ったわけです。しかし大きさもピンキリ。もしデカいのだと太刀打ちできない。自分自身では対処のしようがありません。どうか大きいやつじゃありませんように。と祈って数分後、iPadのキーボードの上にそいつであろう蜘蛛が。。。子蜘蛛でした。本当にでかくなくてよかった。と胸を撫で下ろしたんですが、ここでこのまま放置しておくと、また永遠とこの葛藤をしないといけなくなると思ったので、iPadには申し訳なかったのですが、そのまま蓋を閉じて。観なかったことにしております。

 いや〜 怖いな怖いな・・・・・ 真夏の夜の恐怖体験でした!w

ロボット掃除機の弱点

 最近介助者に任せっきりになっていた床の掃除をやってみている。私は掃除機を持つことはできるが、思い通りに引いて伸ばしてという動きが難しい。なので、お掃除ロボットをリモコンで遠隔操作して、掃除機がけを行っている。

 みなさんがイメージするのはルンバ?だと思うが、私は掃除機に10万もかけたくなかった。なのでもどきを買ってみた。i Lifeっていうやつ?あってるかな。

 これは掃除機にもなるし、水拭きの機能も備わっている。購入した当初は、これで掃除機にもなるし床拭きもできるなら良いやん!って思って購入したのだが、床拭き用に部品を交換しないといけないし、水も入れないといけないしで、これは自分で出来ない。介助者に頼むのも大仕事になりそうな予感。。。だったので、購入して2年くらいかな。一度も床拭き機能は使用していない。(宝の持ち腐れ状態w)

 冒頭でも説明した通り、リモコンで遠隔操作できる。スタンバイとスタートボタンを2回押すと起動する。これは自動お掃除モード。勝手に動き回って吸い込んでくれる。しかし思ったような動きをしてくれない。ゴミが落ちてるのにわざわざ避けて行ったりと追跡をするともどかしい気持ちになるのだ。だから自分で操作した方が効率がいい。よって自動お掃除モードで、左右だけは自分でピッピとリモコン操作するのだった。

 弱点だと感じたところは2点ある。1つ目はカーペットの登りだ。掃除機の両端には刷毛のローラーが付いており内回転しながら走行する。刷毛の部分がカーペット上に乗らなければ、そこに躓き、カーペットが歪み、そこにセンサーが反応して障害物と認定し、進行方向を変える。つまり、カーペットにうまく乗らないとカーペットはお掃除してくれない。
 試行錯誤の上、うまく行ったやり方が2つ。なるべくカーペット端が平らなところに斜め走行で侵入する。それから、カーペットに乗り上げた瞬間に方向転換をすること。

 2つ目は、充電エリア内は掃除してくれないこと。これは文字通り充電が関係している。掃除が終わったらリモコンのハウスのボタンを押すと、充電スポットにセンサーがあり、それを頼りにそこまで自動で向かってくれる。
 この充電の角度や位置が変わってしまうと、充電できなくなり、電池が切れるまで彷徨い続けることになる。彷徨った挙句、道の妨げになるところで止まっていたりすることもあったし、スタート時点で2回連続でリモコンのスタンバイとスタートを押したので、その場で回転し出して、充電スポットの角度が変わったこともあった。

 このように弱点はある。これは3年前購入したものを使っている。もしかしたら最新鋭はもう少し改良されているかもしれない。しかし壊れるまではこの掃除機を使うしかない。みなさんも購入されるときはしっかりと値段と時間と効率的であるかどうか確認して購入されてください。

 我が家の掃除機の紹介でした!

憎しみからは何も生まれない

 安倍氏が昨日、手製の銃で撃たれて亡くなった。私が知ったのはバス乗車体験の前。一瞬耳を疑った。安倍さんってあの安倍さんよね?ってなった。しかも治安国家の日本で。

 犯人はその場にいたSPによって捕まった。事件が起きる前に、未然に防げなかったのだろうかという疑問はある。一瞬の出来事で防ぎようがなかったのか。謎である。徹底的に調べても、もう奪われた命は返ってこない。

 殺人事件や虐待事件が起こるたびに、私は、恨みや憎しみからは何も生まれないよ。と思ってしまう。どんなに怨念があったとしても、どんなに殺意があったとしても、人を殺めてしまう行為は、周りを不幸にすることしかない。ハッピーにはならないのです!

 つい他人のせいにしてしまいがちなのです。あなたのせいでこんな人生を送る羽目になった。とか、あなたを信じて着いてきたのにこうなった。とか、
 最終的行動を決めたのは自分なのです。選択したのは自分なのです。
 環境は変えられなかったかもしれないけど、今からでも変えていけるかもしれない。そう信じて生きていってほしいなと思うのでした。

 本当に他人も、自分も大事にしてほしい。困ったときはお互い様の精神で、誰かに相談しましょ!

 最後にご冥福をお祈りします。

ノンステップバスの乗車体験会in佐賀女子短期大学

 連投です。昨日報告した通り、佐賀市営バスさんと佐賀女子短期大学、そして我らが〇〇な障がい者の会(内田氏)が連携して、バス乗車体験会を実施しました。

 午後の降水確率は60%、少し曇り空。。。怪しい天気だったけど、なんとか保ってくれた! しっかし、酷暑! 13時半から1時間くらいだったが、暑くて暑くて。学生もすごく暑いと言ってて、思わず傘を日傘にして! 少しはこれで救えるかなとか勝手に思ったのだった。有難迷惑かもしれないけど。。。

 で、体験会の話。昨日書いたように今回は、金立にあるグループホームより、私の後輩にあたるS氏が参加してくれたのと、就労継続支援B型のiroiroさんにもお声かけをしてもらったので、10名くらいの利用者の方と職員さんが参加された。
 車椅子ユーザーももちろんだが、さまざまな障がいをお持ちの方がいる中で、今回開催できたのが、インクルーシブ教育だなと感じた。この取り組みをもっと他の学校でも開催できたら、特別支援学級や普通校に通う車椅子ユーザーにとっても、障がい者問わず学習になるのではないかと思った。これを本当に標準化してほしい。

220708 佐賀女子短期大学にて 佐賀市営バス_ノンステップバス乗車体験会

バス乗車体験in佐賀女子短期大学

 本日は午後より佐賀女子短期大学にて、佐賀市営バスさんの協力のもと、ノンステップバスの乗車体験授業を行います。

 何年か前から〇〇な障がい者の会会長の内田さんと始めた取り組みです。
 私の友人が車椅子でも乗れるバス(ノンステップバス)に乗ったことがなくて、いきなり乗るのもなかなか勇気がいるし、乗り方も教わってないのでどこをどうお願いしたら良いのかわからない。と困っていました。そこで、私が女子短期大学で非常勤講師をしていることもあり、学生にも当事者の乗降がこうやって出来るということを知ってもらい、尚且つ関わっていただきたいと思っての企画がこのバス乗車体験です。数年後には金立特別支援学校でも乗り方教室が行われたりと内田さん様さまです。

 それで今日は初めてグループホームに入所されている当事者の方に来てもらい、体験をしてもらいます。この方もいずれは自立生活をしてみたい。と言われている方で、コロナ禍で顰蹙(ひんしゅく)を買ってしまうので、なかなかホームから出れない状況でした。ショッピングモールとかにもバスを利用して行ってみたい!と言われていたので、今回体験をしていただき、それを機に1人で乗れる安心感、そして関わり方次第で、どこへでも行けるという自信をつけてもらえたらいいなと思っています。

 さてさて、雨がちょっと心配だけど、頑張ってきま〜す!

使徒襲来!

 ご無沙汰しております。北古賀です。最近書き込んでいなかったので、久々に書いてみます。みなさんお元気でしたか? だいぶ夏らしい天気になってきましたね。というか暑さで身体が溶けそうな勢いですよね。体調悪くされてなければいいけど。。。熱中症には十分注意しましょう。小まめな水分補給もお願いします。

 では、使徒(シロアリ)の話をします! 3年前に中古物件を購入。私の兄と同じ年くらいのこのお家。購入当初、シロアリ対策もされていたし、造りもかっこいいし、利便性も考えて、ここにしたお家。
 2週間前の夜、介助者に捕まえてもらった使徒から悪夢は始まった。介助者「これ、シロアリやなか?」と発された言葉、私は驚きを隠せない。
「マジっすか!」って聞いてしまった。介助者「身体の白かし、羽も生えとる。身体の黒かったら他の虫と思うけど、ピンクがかった白やけんね。。。」
 まさか家にそういう使徒が!と思って、ネットで調べたら、特徴は見事に一致!w 介助者「業者に調べてもらった方がよかですよ」って言われた。それからネットでさらに調べた。一匹いたら床下には何千匹もいる可能性がある。しかし、羽蟻が次から次に出てきた場合である。今回はまだ一匹! でも生息してたら、お家の柱が食い荒らされる!

 次にシロアリ調査の会社を調べた。聞くところによると施工終了後に卵を植え付けておくという悪徳業者もいるので、そこは注意が必要! そこは実際見てもらう必要があったので、3社に声をかけた。
 ・不動産屋さんと契約してた企業
 ・ネットで見つけた大手企業
 ・ネットで見つけた自宅付近の企業

 結果後日調査ということで、調査費・見積まで無料ということで、各日取りを決め、対応していただいた。後でこの家の重要事項説明書を再度確認したら、対処した企業の補償が今年の2月までで切れていることが発覚! このことにより予防はどちらにせよしなくてはならなくなった。別のヘルパーさんに聞いたら、70万くらいかかったよとか、一回やってもらったけど、1年か2年後にまた食い荒らされてたとか、聞くと恐ろしい。これが持ち家のデメリットだなと感じた瞬間だった。

 調査結果とその後・・・
 シロアリの軍団も巣穴もありませんでした!w わ〜い!

 しかし、大手業社が調べてくれたところはシロアリだけじゃなかった。。。

 さて、この話の続きはサロンで話をしましょうかねw

 ぜひ登録ください!
 https://skygate.sunnyday.jp/jseeds/sgs/lp.php

第11回オンライン講演会+交流会のお知らせ

 

北古賀雄三さんがあなたを予約されたZoomミーティングに招待しています。

ご無沙汰しております。
下記の通り、講演会+交流会を開催致します。

介助者に支援をしてもらうとき、つい遠慮しちゃうことってありませんか?
そんな時の言い回しだったり、注意すべきところだったりを教えてくださいます。
是非ご参加お待ちしております。

トピック: CIL HOPE SAGA第11回オンライン講演会+交流会
テーマ「介助者との関係性」
ゲスト:自立生活センターエコー代表_児玉良介さん
時間: 2022年6月25日 13:30〜15:30
  (参加人数によっては早く終了することもあります)

Zoomミーティングに参加する
https://us06web.zoom.us/j/87249703863?pwd=azFrUHJmby9jZ0t1ZkE1bGtGK2ZKQT09

参加申し込みはこちら
https://forms.gle/GmVAEwNo3ewjRL4f8

オンラインサロンページが完成しました!

 1年余り佐賀大学の小松原先生と一緒にオンラインサロンのページを作っていきました。目的は重度な障がいがあっても、どうにかして働ける環境を作ること! 右も左も分からないまま、あーでもない、こーでもないと言いながら、完成に向けて着々と準備していきました。時には自分にはサロンなんて出来ない。こんなクズな自分がやって良いのか。そこまで小松原先生にも相談して困らせることもありました。

 そして、今日を迎えました。小松原先生にはなんとお礼を言って良いのか。本当に偉大な先生だなと心から感謝です。それから、このサロンページを提供くださっているSkygateさん(社長さん・エンジニアさん)その他関係者の皆さんにも深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

 これが最後ではなく、始まりなので、日々精進して、自分らしいサロンを作っていこうと思いますので、今後もみなさん要チェックをよろしくお願い致します!

 サロンに掲載しておりますが、今月28日(土)14時からオンライン講演会を予定しております。今回も井出今日我氏にご協力いただき、「金銭管理について」をテーマに話していただく予定です。今回もZoomを使用しますが、アドレスはサロン内に記載しております。ご興味ある方は是非、オンラインサロンにご登録をお願い致します。

 オンラインサロンHPはこちら