Unity 奥が深い!

 最近、メタバースのclusterを始めました。っていう投稿したかどうかさえも忘れかけている。clusterというアプリをダウンロードして、パソコンで操作するのだ。操作もまぁまぁ覚えたし、あとは自分のワールドを作ってセミナーとかをそこで行えるようにする!っとコツコツと準備をしてきました。

 まずはunityというソフトで作れそうだったのでダウンロード。これで、いろんなものを作ろうと思えば作れるらしい。早速、YouTubeを見ながら、実践してみる。

ブロック崩しの途中

 こんな感じでゲームっぽくはなってきた。これ休日に作ってみたのだが、1日かかってこれだけ。C#言語っていうプログラムも人生初でやってみたが、奥が深すぎて、英語のスペル間違っただけで動かなくなる。YouTubeでは教えてなかった回転なども調べてプログラムできたので、これはこれで勉強になった。ゆくゆくはこれで電動車椅子サッカーも再現できたら面白いのになと思っている。

 さて、これはサロンに使おうと思っている空間。まだ途中だけど・・・ 何に見えますか〜?

まだ途中の作品

 テクスチャを拘ってみました。完成したらclusterに上げたいと思います。

続報(株)リコライの対応について、私は怒っています。

 皆さん、こんにちは! 最近、いろんなことが立て込んでいまして、ご無沙汰でした北古賀です。もう気がつけばランニングに半袖Tシャツとなっています。今日も夏日とか言われていますが、室内は結構涼しい感じで過ごし易いと思いますが、皆さんはどうなんでしょうね。

 さて、前回の記事でボロクソなことを言って終わっていたリコライの対応の件。その後どうなったか。知りたくありませんか? 続きを書いていきますね。

 電話して3日が経過したお昼ごろ、リコライ社長よりお電話いただいた。この前の件でどうなったか知りたくてお電話しました。とのことだった。正直に、一方的に電話を切られたので、その後何も対応しておりません。と私が言いました。
 また押し問答。業者からどうしたらいいか聞かれたので、再度商品を交換してもらう提案をした。その時に障がい特性があり、梱包がうまくできないとも説明したのだった。しかし業者はご家族とか誰かに介助してもらえる方がいれば梱包することは可能ではないですか?いないのですか?と言われた。
 まぁその通りなのだ。介助者にして貰えば、ある程度のことは大概できるようになるのだが、私としては業者がどこまでを保証してくれるのか、その対応の先を知りたかったから後寝ていたというのが正しいのかもしれない。
 出来ますが、出来るだけ自分で解決したいということで言っています。結局埒が開かないと思われたのか、以前のように、「返金するから送金先の口座番号とかちゃんと記入して送り返してください! それから今からここを出るから、出られなくなりますので。」ブッツ、ツー、ツー。また一方的に切られた!

 さ、この先どうなってしまうのか。サロン内にてお話ししますね。

障害×恋愛・結婚~私たちはこうして夫婦になりました~

 井出今日我氏の依頼で、上記の通り夫婦で出演しました。これで夫婦で出演したのは2回目です。1ヶ月くらい前?もっとかな。何度も打ち合わせを重ねて準備をしてきました。時には主催者と討論になって喧嘩間際までいっちゃうくらい、本気で考えた今回のイベントでした。本当に一言で語れないくらいの内容になったと思います。
 何度も言いますが、夫妻での出演ってこれが2回目だったのですが、主催者の今日我氏の誘導とかも上手くて、スムーズに話せました。勿体ぶるところもありましたが・・・
 いやいや、いい経験になりました。もう少ししたら自分のサロンができるので、そこでも今まで以上に自分を曝け出したいと思います。今回、ご依頼下さった今日我氏と支えてくださった皆さん、聞いてくださった皆さん、そして妻に感謝をして、また次に活かしたいと思います。本当にありがとうございました。

今回の会に参加してくださった皆さんと一緒に! ハイ! チーズ!

役所の手続き

 毎回、下記の手続きは郵送か、直接役所へ行かなくてはならない。

 ・特別障害者手当支給に伴う現況届
  記入はアンケートに答える感じで、4ヶ月毎に送られてくる。内容は初月に自宅に居たか・入院していなかったかなどを書き、あとは住所と氏名、印鑑を押していくもの。
  そのあと、障害福祉課に郵送・直接・ファックスで送らないといけない。

 ・医療費還付制度
  先月利用分の医療費支払いに対し領収書が事業所から送られてくる。それを還付してもらうためのもの。福岡は償還払になっているが、佐賀は財政上その予算が取れないとして、償還払にはなっていない。
  指定の様式に健康保険証の内容を書き込み、住所・氏名・生年月日などを記入後、その指定様式の紙の裏面に先月分の医療領収書を貼り付けて、障害福祉課に直接持っていかないといけない。領収書の数が多いとそれだけ様式の紙も記入しないといけない。
 (一年以上前のものは申請することができない)

 このことは、毎回毎回、同じ手続きをしなくてはならなくて、コロナ禍である今、多くの人が集まる役所に出て行く方が危険だと思ったし、お互いが簡単になる方法ってないのだろうかと思って、障害福祉課に電話をしてみました。

 私個人的にはスマホやパソコンで簡単に処理ができたら、一番それが効率が良い。

 例えばだが、
 ①書類を送ってもらう。記入・押印する。写真やスキャナで取り込み、それをメールで送る。
 ②役所に記入フォームがあり、記入して送信するだけ。

 こんな簡単にできたなら、無駄な郵送代もかからず、はたまた書類を用意して記入して封筒に入れ込み、ポストへ投函する。という移動時間も省ける。

 昨日は提案できていないが、健康保険証の機能がマイナンバーに付けられるのであれば、データ化され、それを行政はアクセスできるわけで、医療費なんかの情報も見れるようになるので、それをわざわざ出しに行く必要もなくなるのではないかなと介助者と話していました。

 全国の状態が分からないので、知っている方は是非とも教えていただきたいです。
よろしくお願い致します。

(株)リコライの対応について、私は怒っています。

 以前より、佐賀大学の先生と進めている企画で、私のおすすめの商品を見つけて、動画に撮って紹介するというのを進めておりました。今回、初めてお金をかけて、試してみようと購入した「ラクトル」これが4/17(日)、自宅に届きました。

 これがあれば、誰にも頼らず、トイレットペーパーを自分で取ることができる!
今までは妻やヘルパーさんにトイレットペーパーをちぎって手摺の上に置いてもらうようにしていました。(これで妻やヘルパーさんの力を借りずにできることが増える!)
 この想い、当事者であるみなさんは分かってくれると思います!

 開けて、電源を入れて、いざ! ペーパーセットして出してみました!

 あれ? 出てこないぞ! 何でだろう!?

 上部ホルダーを開ける。ペーパーが内側で詰まっているではないか!!

 ペーパー自体が悪いのか? 他のでも試してみる。。。やはり同じ結果!!

 電源の繋ぎ方もおかしくない。10回ほどやっているとローラーの回転が逆回転で、おかしいことに気付く。これか!だから外側に出ないといけない紙が内側に出てしまっているのか! 逆回転のスイッチとかもなく、こちらとしてはもうどうしようもない。これは明日、お問合せだな!と思ってその日はそのままにして寝ました。

 翌日、朝からもう一度だけ試してみる。結果は昨日と同じ!

 いざ! リコライさんに連絡してみる。

 リコライです! 叔父さんが対応してくれた。受付の方かな〜

 〜 北古賀事情説明 〜

 叔父さん「すみませんでした。そしたら郵送で送ってください。着払いにしておいてください。直しますから!」

 まともなことを言っているつもりなんでしょうね。

 私が従業員なら、「この度はご不便をおかけして誠に申し訳ありません。早急に対応させていただきます。」「お客様に重ねて申し上げるのは大変申し訳ないのですが、一度こちらにその商品を送っていただくことは可能ですか? もちろん着払いにさせてください。これが可能でなければこちらから商品梱包用の箱をお送りいたしますので、お手数ですがその箱に入れて送っていただけますか?」「本当にご迷惑をおかけしております。申し訳ありません。」

 まだ私でもこのくらいしか考えられないが、これでも足りないくらいある。今回の電話では誠意が全く感じられなかったのだ。本気で謝ってんの?って感じだった。全く悪びれる様子もなく、上から目線。これ商品を販売している会社ですよね?
 怒りを通り越えて呆れるしかなかったので、一旦電話を切った。

 このままじゃ、費やした時間は戻ってこないし、これを楽しみに待っていた私の気持ち、妻や介助者に頼まなくて良くなる解放感。こんなことを考えてたら、イライラしてきた。
 業者としてはこのまま送ってくれるものだと思っていたに違いない。しかし、私はそこまでお人好しではない。今度は会話を録音してやろうと準備をしてかけてみた。

 結果 最悪のことが起きた。

 何と逆ギレされて一方的に電話を切られたのだ!

 しかも電話の相手はリコライの代表。
 言われたのは以下の通り

 ・代表1人で制作していて、モーター等の取り付けは別業者に頼んでいる。
  恐らくそこで配線を間違えたんだろう。(私は悪くないと言わんばかり)
 ・今回、代表が検品したが、気付けなかった。そこは申し訳ない。
 ・今回だけかと確認したところ、1,000台中1台同じことが起こったらしい。
  その相手は、返品に快く応じてくれたそうだ。
 ・1日20〜30台くらい制作しているので、どうしても不具合は起こり得る。
 ・新しく製品を送るから、それと交換してください。
  (それでいいでしょ?と言わんばかりの言い方だった)

 最後の方は酷かった。

 待って、「こちらは検討させてください。」と頼んだのに、
 またこちらのことを考えないまま、押し付けてくる。頭にきたので、
 「こちらは検討しますと言ってるんですが、なんでそちらが決めるのですか?」と言った。そしたら「なんで決めてるのかっつったって、誠意でやってんのに、グチグチ文句言うからよ。金返しゃ〜いいでしょ?って言ってるじゃないですか。返しますよ。金なんていくらでも。はい。製品をこちらに送ってください。それで振込先。しっかり書いて、送って貰えばお金はお返しします。以上で〜す。」ブツッ! ツー・ツー・ツー

 あんまりだと思いません? これが商品を制作している業者の代表が、電話口でお客様に言う言葉なのか! もう使いたくもない!と言うのが心情です。
 あ〜 もったい!

目指したいもの

 オンラインサロンの話し合いを昨日行った。その中で、自分のやりたいことが改めて明確に分かった気がした。

 今までは、自分の趣味から派生していくイメージだった。自分がやりやすかったし、これはこれで効果はあると思うし、失敗ではなかったと思う。既に電動車椅子サッカーに興味がある方は増えてきている。そしてその中で、私でも自立が出来るということを示せているので、これはそのままでいい。

 お陰様でだいぶ知り合いは増えてきている。その中でも自立したいけど手が出ないという方が数名いる。なにで不安に思っているか聞くと、「収入と支出のバランスが掴めない」「ヘルパーの確保ができるのか」ということが主な理由だった。最後に「何ヶ月か体験できるところがあればいいのにね。」と言われたことがあった。

 なにを始めるにも体験できる場所がないと、始めるにも始められない。

 そこで私が進めていきたいのが

 ◉グループホーム(外部サービス利用型)をしたい。
  (自立体験をする場所の提供)
   その中で生きがいを持ってもらいたい。
   例えば、電動車椅子サッカーも含むパラスポーツやアーティスト活動など。
   ある程度の管理性は必要だが、本当の自立を目指していくのならば、門限も行動制限もなく、なんでも自分で決める(選択できる)必要があると思う。福祉臭がしないものを目指したい。

 これを作りたい!
 なぜ、外部サービス利用型かというと、自薦ヘルパーを雇って、当事者自身で介助者の管理もしてもらいたいから。そしたら自分の好きな時間に食事をしたり、入浴をしたり、就寝だって何時なんか決める必要はない。もう時間に縛られることはない! もちろん介助者の時間のコントロールもあるので、少し介助者のことも考えないといけないこともあるが。
 これこそが、管理されることのない、私の望む自律のカタチだと思う。

 お目当ての場所はあります! あとは改修費用のみ!
 クラファンとかを利用して資金を調達しようと考え中です。これをサロンで語っても面白いかも。今後に乞うご期待!
 私だけで抱えきれることではないので、他の当事者の皆さん・支援者の皆さんと一緒に進めていきたいです。

 これは当事者だけが良くなることではありません。
 社会全体の経済を循環させる仕組みです。
 このことはサロンでお話ししますね。

遅れてきた贈り物。

 薩摩揚げの話に続きがありました!

 以前の投稿をご覧ください。

 今日の活動が終わって、サッカー練習に行こうとしたら、それは届いた。なにやら四角くて、少しの厚みの板状のものだった。宛先を見て大爆笑!!

 てくてくという文字が見えたからだ。

 そう! 薩摩揚げの投稿を見られてなのか。催促したような形になっておりますが?w

 我らが九州ブロックの貴公子! 川崎さんのプロマイド写真が送られてきたのだった!

 活動部屋の一角に設置してみたw なんだか見られている。背筋がピンとなりそうな感じがする。

遅れてきた贈り物の正体

 いや〜 素敵なお手紙まで頂いちゃってw ありがとうございます。

 捨てるなんてできるわけないじゃないですか! 明日ゴミ出し日ではないので!w

 ファンではあるけど、ラブではないので!w そこんとこ誤解しないように!

 ということで、今日はこの辺で!

え! 薩摩揚げ!?

 これは一昨日、電動車いすサッカーの練習合間に一本の電話から始まった。見知らぬ番号、しかも聞かない局番・・・ この局番は鹿児島! ピンときた! 実は先日、JIL九州ブロック研修と交流会がオンラインであり、私はどちらも参加したのだ。夜に行われた交流会では食事の指示とかもあり、私は予定時間より少し遅く入ったのだが、いきなりゲームをされていた。豪華商品が当たるあみだくじだった。当然、一番最後の順になる。ってか遅れてきたのに参加でいいの!?って思っちゃったけど、寛大なる主催者の御行為に甘えた。
 「結果はっぴょ〜〜〜」
 あみだくじ〜 あみだくじ〜 誰が引いたかあみだくじ〜♪
 ゲームを盛り上げるため、2〜最下位・1位の順で、豪華商品が発表されることになった。待てど暮らせど、名前が呼ばれな〜〜〜い!w まさか!と思ったそのまさか! 最下位か1位だ!w どちらにしても、お・い・し・いとはこのことだ。ドキドキ・ワクワク! ジャジャン! 1位! 北古賀さん!w 遅れて入ってきたのに、1位って・・・恐縮でした。で、豪華賞品は・・・ なんと、鹿児島代表(貴公子)川崎さんのプロマイド写真!w 内心女性だったら良かったのになwと思ってしまったw いる?って聞かれた時、即答でいる!と答えたのは社交辞令です!w そんな小ボケを交わしながら、本当の豪華賞品が発表されました。なんと! 鹿児島名産薩摩揚げ!!

 それが今回、自宅に送られてきたのですが、届け先の住所と場所が一致していないため、連絡されたとのこと。今住んでいるところは集落が同じ番地であるため、複数の建物が混在する形となっている。だから宅配業者はわからなかったらしいです。ご迷惑をおかけしました。

 ということで、その日の夜に受け取りました。それがコチラ!

いただいたさつま揚げ

 介助者と分け分けして食べようと思います。今回主催だった鹿児島のてくてくさん、ありがとうございました!

初めての支援区分調査立会い

 佐賀ではない地域に住んであるS氏の支援区分調査の立会いをさせてもらいました。
 本人さんと母親、北古賀のヘルパーと北古賀の4人、本人許可をいただき、記録としてビデオ撮影をさせていただきました。北古賀自身も佐賀市で受けた支援区分調査、地域によって、役所の対応はどうなのかということもみながら、オブザーバー的な位置で話を聞いておりました。

 調査から区分が決定するまでの流れは以下の通り

厚労省の資料から抜粋

 80項目の質問は神奈川のWebページのファイルを紹介します。
 ※ Wordファイルです。

 初めてご覧になる方はこんなことを聞かれるんだなと思われるでしょう。私たち障がい者はサービスを受けるために、失禁や失便するか否かや、金銭管理が出来ますか? 他傷・自傷行為があるかなど受け答えをしないといけません。もちろんここでも合理的配慮はあります。例えば、あまりにも本人に聞くのが失礼にあたる項目などは親族に聞かれる場合もあります。(私の場合は聞いてもいいと伝えるので調査員の方もズバッと聞かれますが)男女差はあるのかなとも思えます。
 公的サービスを利用するための調査とはいえ、ここでもジャッジするのは人なので、なんとも言えません。私は自由気ままに生きたい!それだけなのに。ここで言っても何も変わらないので、行動で示していきたいと思っています。とにかくよく考えて動くこと。これに尽きます。

 その方の場合も同性の方が調査員でした。優しそうで安心しましたが、本人さんはど緊張だったと話してくれました。最初は誰でもそうだよな。と思いつつ、一つ一つ質問に答えていかれました。今回は無理のない生活をしよう。と一人暮らしに向けて、短期入所を検討したいというご本人の希望がありましたので、区分によって受けられるかどうかが左右されるので、慎重に本人さんの言葉を聞きながら、合いの手を入れつつ、一言でおわってしまう部分があったので、真実を伝えるようにこちらも考えながら、話に加わらせていただきました。親御さんも将来のことを考えて出来ないところは出来ない。と親の気持ちとしてはちょっと苦しかったでしょうけど、おっしゃってたので素晴らしい家族愛だなと思いました。

 私も初めて支援者の区分調査に参加させていただき、まだまだ足りてなかった分や気付きを得ることができました。信頼してくださったS氏や親御さんに感謝したいです。ありがとうございました。

桜が綺麗だった

 友人と佐賀県町付近で、花見をしてきました。
 日頃の行いが良かったのか、晴れてくれました(^^)

 様子はこちら。

ランチで頼んだ手ゴネハンバーグ定食〜♪ 美味かったな〜(友人撮影)
佐賀城本丸 城門前(友人スマホにて撮影)

 桜は満開から葉桜まで。花びらが水面に落ちていく様子が、春だなと感じました。

佐賀城本丸歴史館 桜!(友人撮影)

 その後は北古賀家で、お茶をしながら将来の一人暮らしについて話していきました。とても楽しい時間となりました。また来月も何か予定できればいいなと思います。